堀川園の深むし茶

当園の深むし茶イメージ

問屋を通して売られているお茶は、複数の茶農家が生産した異なる茶葉の特徴を生かし、ブレンドして作られるのが一般的ですが、当園では、味、色、香とも上質な自園の茶葉しか使っておりません。

商品数は多くありませんが、すべての工程で徹底的に品質にこだわった深むし茶のみ販売しています。

堀川園の深むし茶のイメージ

*(火入れの香はお茶屋の個性が出やすく、一概には言えません。)

ブレンドをしない、という選択

縁側の深むし茶

茶問屋のこだわりの出る「ブレンド」とは、数軒から数十軒の農家から仕入れた、味の良さ、水色の良さ、香の良さ、見た目など、それぞれの特徴を備えたお茶を混ぜ合わせてバランスをとり、商品化する技術です。

当園ではあらかじめ「味・色・香」三拍子そろったお茶作りを念頭に自園生産・加工を行い、良質な茶葉だけを商品化していますので、ブレンドを必要としていません。ブレンドしないという選択は、自園の茶葉に100%の自信と責任をもつという証です。

また、「深蒸し+強火火入れ」という茶葉にとって過酷な製造に耐えることができる、肥えた茶葉づくりをモットーとしています。

確かな加工技術+本物を見極める力+家族全員で一生懸命

茶審査技術で日本一 農林水産大臣賞受賞 

店長審査中

お茶の審査技術の高さを競う競技会で、数年前から当園店長の堀川佳通が全国大会出場の常連に加り、平成24年度にはついに優勝、農林水産大臣賞を受賞することが出来ました。

その店長が1次・2次加工を担当。毎年変化する気象・環境とともに、畑ごと異なる状態の茶葉に最も適した加工を施して仕上げいたします。

茶葉の生産は、店長の父から弟へ徹底した技術の伝承を行い、家族一丸となって最も大切で労力の必要な畑仕事を明るくこなしています。

堀川園スタッフ

お手頃な値段のお茶にも手は抜かない製造

夏のお茶にひと手間 旨みは引出し、渋みは抑え、水色はグリーンに

黄色く、渋みの強くなりがちな夏のお茶に網を掛け、日光を適度に遮断。日光によって旨み成分が渋み成分へ変化するのを鈍らせ、旨みと渋みのバランスの取れた茶葉を生産します。茶葉は春の新茶と変らないほどグリーンに。お手頃のお茶でも、ワンランク上の商品作りに努めています。

かぶせ茶園

茶畑に網を掛け、グリーンで旨みの強い茶葉を生産

普通の茶葉と被覆した茶葉

左)普通の茶葉と 右)被覆した茶葉 (6月)


深むし茶を味わっていただくためのお薦め“ブランコ急須”

*当園のお茶をストレスなく味わっていただくためのご提案です。

深むし茶急須 ブランコの紹ご介

活動と茶園状況

29年暮れのご挨拶  (日, 12 11月 2017)
>> 続きを読む

茶草場農法 (土, 23 9月 2017)
>> 続きを読む

送料改定のおしらせ (月, 18 9月 2017)
>> 続きを読む

倉庫回りの除草頑張ってます (水, 23 8月 2017)
>> 続きを読む

堀川園について

画像で見る堀川園の紹介

↑ウインドウ右下の「全画面」で拡大してご覧になれます

所在地

〒439‐0036

静岡県菊川市中内田2906

お問い合わせ

TEL: 0537‐35‐4672

FAX: 0537‐35‐5569

メール

お問合せフォーム

電話連絡についてお詫び

当園は1軒の茶農家でございます。農作業に出ていることも多く、電話の転送をしておりますが、気づかない事もあります。ご不便をお掛けしますが、その際はお問合せフォームか、メール、又はファックスでご連絡くださいますようお願い申し上げます。

休日と営業時間

定休日・営業時間  不定休

店長:堀川佳通

店長

「お客様に満足していただきたい。」と日々考えて、良質の深むし茶づくりに精進しています。

ムービー堀川園の昭和

お礼状

郵便振込みのお客様には入金のお礼のハガキをお送りしています。季節の茶畑の様子などもお知らせしています。

季節のお礼状