店長のコラム

2021年新茶のご挨拶 (日, 11 4月 2021)

 商品名にもなっている栗原川の桜並木が見頃を迎えています。(3/27) 皆様、益々ご健勝のことと存じます。 日頃は当園のお茶をご利用いただきありがとうございます。また、2020年産の完売商品が多かったため、ご迷惑をおかけしました。お詫び申し上げます。 コロナの話題が出てから一年余り経ちます。お茶の生産家として見聞きすると、急須で入れるお茶や、ティーバッグは巣ごもり需要で伸びているようですが、ペットボトルは在庫が多いようです。厳しい茶業情勢が続いた中でのコロナ禍で茶農家は激減しつつあります。残った茶農家も上質なお茶で収益を上げ、ペットボトル原料などの下級茶で経営の安定を図るという構図ができており、新茶から番茶までどこの茶期が無くなっても痛手は免れない状況です。不安な中での新茶生産となりますが、どうにもならない心配はせず、ただ美味しいお茶づくりを考えて新芽の育成を見守っています。(3/27新芽→) 心配された霜の被害ですが、3/24日当園でも霜の降りた茶園があります。しかし防霜ファン(霜よけ扇風機)のおかげで目立った被害もなく、順調な芽伸びを見せております。 柿の新芽も、ジャガイモの芽も例年より少し早い春を謳歌しているように思います。植物たちは人間界の「禍」などどこ吹く風でしょうか。パソコンの前で事務仕事をしていると膿んでくる頭も、外に出て新緑を見、空気を吸い込むと冴えわたるようです。植物からエネルギーを貰えます。 問屋を通じて皆様に飲まれるお茶も、当園直販で皆様に飲んでいただくお茶も、少しでも皆様に元気をお届けできれば幸いです。 順調な天候が続けば、例年より少し早い新茶生産が始まりそうですが、商品の発送は例年通りお天気と相談してとなります。 どうぞ今年の新茶もよろしくお願いします。 茶産地静岡菊川より皆様の健康をお祈り申し上げております。 ジャガイモの芽 ジャガイモの芽 柿の新芽 柿の新芽 茶づくり堀川園 一同
>> 続きを読む

新茶のご挨拶 (Mon, 06 Apr 2020)

令和2年4月6日 茶畑と田んぼ今年は関東より遅い桜の開花となり、4月5日現在、当園の周辺では満開を迎えております。 我が家より見える茶畑は萌黄色にはまだ遠く、うっすらとした黄色の新芽に覆われてまいりました。 茶園の前に広がる田んぼには水が張られ、カエルの合唱が始まっています。忙しくなる前の長閑な一時です。 農作業をこなし、田んぼの中道を走る春休みの子供たちを眺め、時々お茶工場の掃除をし、茶畑と我が家の往復の毎日を送っています。テレビやスマートウォンを見なければ、決して他人事ではない世の惨事を少し忘れられるような気がします。 さて、いつも当園のお茶をご利用くださりありがとうございます。 今年は、お茶の効能や、私のお茶を飲むスタイルを少し紹介させてもらいます。 我が家の朝はお湯をたくさん沸かします。朝は湯冷ましし、食事中や食後に計2、3杯飲みます。昼は朝沸かしたポットのお湯で直接急須に注いで淹れます。朝から6時間経っているので湯冷ましする必要もなくちょうどよい温度で淹れられます。夜は冷めたポットのお湯に、少量沸かした熱湯を入れ、湯冷ましすることなく、お茶を淹れます。私はせっかちで猫舌なので、朝だけ湯冷ましをしますが、あとはポットから直接お湯を入れ、普通に飲めば舌が火傷せず、なお美味しく味わえる温度でお茶をいただいております。 お茶の殺菌成分は比較的高い温度で抽出しやすく、免疫を高める成分は低温でも抽出してくれます。目安は70℃~80℃で茶を淹れ、コップや湯飲みに注げばさらに冷めて、ちょうどよい温度で飲めます。電気ポットで80℃程の設定であれば、好みにもよりますが湯冷ましの必要はないと思います。 さらに、私はいつも水筒を持ち歩いてます。寒い季節は温かなほうじ茶を飲んでいます。土瓶で淹れ、500㎖~700㎖の水筒を家族みんなに持たせています。ほうじ茶は焙煎過程でカテキンは減少しますが、同時にカフェインも減り、体を温めてくれるピラジンという物質がつくられます。何より温かいままでも味が落ちにくいことがほうじ茶の利点です。暖かい時期は「さつきティーバッグ」や「ききょうティーバッグ」を水筒に入れ、浄水器の水を入れ、時には氷も追加し家族へ持たせています。深蒸し茶なので、濁りも多く、若蒸し茶の抽出液には出にくい、お茶の免疫増進効果、殺菌効果、リラックス効果など丸ごといただけます。大体1.5ℓ当たり、20円~22円(さつきティーバッグ、ききょうティーバッグ)です。カフェインを嫌う方もいますが、興奮作用を相殺するテアニンというリラックス効果のある物質もお茶には含まれています。アジア人は欧米人よりカフェイン耐性が強く、特に弱い体質でなければ、お茶を飲まないメリットよりもデメリットの方が大きいと、ある医療研究者が言っておりました。私の母や妻は妊娠中も緑茶は飲んでいました。 緑茶がインフルエンザに有効という研究結果にあるようですが、今回のウイルスには検証結果がありません。 ただ、今でこそ嗜好品としてのお茶ですが、はるか昔には高価な薬でした。お寺では客人へお茶を出し、高僧はその茶殻を炒ったほうじ茶を飲み、見習い僧はさらに、高僧の飲んだほうじ茶の茶殻を炒ってほうじ茶を飲んだ(真偽はわかりませんが。)と聞いたこともあります。生活環境がまったく変わった現代ですが、習慣化することで副作用のほぼ無い薬である事は間違いのない事だと思います。色々な飲み物があふれる現代ですが、老若男女少しでも多くに人に緑茶を飲むことを習慣化してほしいと思っています。 世の中が危機を迎えていますが、その先にある未来をイメージし、前向きな気持ちで今を乗り切って行こうと家族・スタッフと話しております。ご苦労の中にある皆様もあるかと思います。切に健康をお祈り申し上げて新茶の挨拶とさせていただきます。 ※新茶は今のところ例年並みの芽伸びを見せております。発送時期は天気と相談し商品ができ次第になります。ご理解おねがいします。 堀川園 代表 堀川佳通 スタッフ一同
>> 続きを読む

31年新茶のご挨拶 (Tue, 02 Apr 2019)

新しい元号も発表され、当園の地域でも、ゴールデンウイークにはお祭りをやるだ、やらないだと話が出ております。人間の世界ではいろいろな決め事があり、いろいろな事が起こっておりますが、大きな天災は別としても、自然界は人間の決め事など、どこ吹く風です。毎年春になれば花を咲かせ、芽吹き、春の表情を、秋になれば秋の表情を見せてくれます。今年は少し寒い春のようで、茶畑はうっすらと萌黄色の所もありますが、まだまだ茶の芽はゆっくりとした生育です。当園の茶園を見下ろす、山桜は寒さの中見ごろを迎えています。 さて、いつも当園をご利用いただきありがとうございます。 今年も新茶の季節が近づいて参りましたが、寒の戻りが激しく、商品発送は例年より少し遅くなりそうです。毎年の事ですが、商品の発送時期は季節と相談してとなります。何卒ご理解お願いします。 お知らせ 1.くき茶が「特上かりがね」1商品になります。 長らく皆様にご利用していただいた「特上くき茶」「やぶきたかりがね」ですが、今年より、くき茶は「特上かりがね」に統一させていただくことになりました。お茶を売る側として商品数が減るのは寂しい気もしますが、お茶の生産者としては、商品数を減らしてでも1つの商品の価値を高めたいと思い、「特上かりがね」を当園のくき茶とさせていただきました。各商品値上げが進む昨今ですが、商品を1つに絞ることで、今まで以上に自信を持ってご提供できる「特上かりがね」作っていきたいと思います。今後ともよろしくお願いします。 2.ホームページを更新しました。 小さな農家のホームページですので、大規模な変更はありませんが、良ければご覧ください。裏面にスクリーン画面を載せておきます。(紙面のご挨拶のみ) 3.新しい命が生まれました。 やはり自然界、春は春なんです。当園の除草専属の夫婦社員も3月上旬に子宝に恵まれました。夏には戦力となるか?近所にご奉公に行くか?わかりませんが、無事に成長してほしいものです。母の真似をして草を噛むようになりました。夫婦とその長男は元気です。 今年も当園の深蒸し茶と、スタッフ一同をよろしくお願いします。
>> 続きを読む

30年暮れのご挨拶 (Sat, 17 Nov 2018)

平成30年11月吉日 ご挨拶  今年も当園をご利用いただき、ありがとうございました。今年も残すところ一ケ月となりました。 皆様、いかがお過ごしでしょうか? 当園の茶園から見下ろす景色は、田んぼでのレタスの植え付けが進み、茶畑は濃い緑の母葉一面となり、冬支度の様相です。残った斜面の草刈りをしながら、秋らしい澄んだ空を眺め、ミカンを頬張りながら一息つく、繁忙期から解放された一時を味わっています。 台風24号襲来 9月末に襲来した台風24号ですが、各地で起きた災害と同じく当園の茶畑、工場に被害が出ました。幸い、大きな被害には至りませんでしたが、今後増えるであろう軽微な土砂災害等には、自分たちの手で対応し、大切な茶畑を守っていく為の試行錯誤をしていかなければならないと感じました。 初めての草堆肥投入 昨年より茶畑の周りや、茶の生産で出た棒などを細かく粉砕し、醗酵させた植物堆肥を作ってきましたが、今年初めて本格的に茶畑に投入することができまた。世界農業遺産「茶草場農法」を実践する当園ですが、直接茶畑に草を敷くだけでなく、草を醗酵させることで土壌の微生物が元気になれる土づくりを目指しています。良い微生物が多い土は、茶の根が元気に育ち、お茶が美味しくなる栄養をしっかり吸い上げてくれる茶の木が育ちます。 繁忙期以外の地道な作業の積み重ねが、商品になった時の違いに表れてくるのだと思います。 ※スタッフ3匹は少しの病気はありましたが、元気にしております。 妊娠、出産を繰返し、お腹が大きくなると小屋から出たくないとの事で、(メス談)3匹一緒の勤務(茶畑の草退治)を希望しています。 草を刈って小屋へデリバリーすることが多く、人間スタッフは疲れ気味です。 ともあれ、スタッフ一同来年も堀川園をよろしくお願いします! 堀川園一同
>> 続きを読む

30年新茶のご挨拶 (Thu, 05 Apr 2018)

「桜が早いとお茶が遅い」 急な春の訪れで、昨年より早い桜の開花です。当園の前を流れる栗原川の桜並木も、早々散り始めています。「桜が早いとお茶が遅い」と言われますが、お茶が早く芽が出過ぎると、4月の霜の影響を強く受け、かえって芽立ちが遅くなると言われるからです。 この季節の早すぎる茶の生育は、美味しいお茶の生産と霜の影響との板挟みで、私たち生産家をヒヤヒヤさせてくれます。今のところ順調な生育状況です。(茶園風景3/29撮影) 茶出汁を用いた農商工連携 都内で和食と洋菓子の店舗展開や商品開発力に強みを持つ(株)竹若(本社:東京都)さんと、農商工連携事業(経済産業省と農林水産省の施策)で経済産業省関東経済産業局より法律認定を受ける事となりました。 今後は、本事業用に生産した「深蒸しかぶせ茶」を活用した新しいメニューを開発していく予定です。 平成29年度では、都内で唯一の農商工連携プロジェクトとなります。 進捗状況など時々発信していきたいと思っています。 (西武信用金庫さんより引用あり) 草堆肥づくりが完成 世界農業遺産「静岡の茶草場農法」※に取り組んでいる当園ですが、一年半前より、茶畑周りの刈草や、近所の造園屋さんからいただいた庭木の枝を細かく粉砕し、植物堆肥づくりをしてまいりました。 微生物豊かな土ができれば、茶樹は病気に強く健康になり、農薬も減らせます。また、土は肥料を蓄え、根は強く張り、肥料の流亡を減らすことで、環境にも優しく、肥料を効果的に茶葉へ効かせる事ができるようになります。 茶の美味しさを高めながら、環境保全、環境循環型の農業を模索しています。 ※静岡の茶草場農法は、2013年に世界農業遺産として認定された、静岡県に特徴的に見られる農法です。高品質な茶の生産のみならず、豊かな生物多様性の保全にも繋がっています。 このように、農業と生物多様性が同じ方向を向いて両立していることが世界から注目され、高く評価されるようになりました。(引用) ※昨年、無農薬茶園の除草対策として入社した、ヤギさん兄妹?夫婦?について、近況を知りたいとのお客様からのご要望があり、写真を掲載しておきました。 母とチビ 母親似の長男が生れたばかりです。遊んでほしく、すり寄って…飛びついてきます。 新入社員の紹介ばかりで、新茶のご挨拶にもなっておりませんが、お許しください。 今年も1年間、美味しいお茶づくりに精いっぱいの努力をしてまいりました。 今年の新茶をどうぞよろしくお願いします。 *       例年通り、季節天気と相談しての新茶発送となります。ご希望に添えない配達時期となってしまう事があるかもしれませんが、何卒ご理解お願い申し上げます。 *       昨年10月よりヤマト運輸の送料改定に伴い、当園の送料も見直し、実費請求をお願いしております。詳しくはHPをご覧いただくか、お問い合わせくださいますようお願い申し上げます。 また、陽春のみぎり、どうかご自愛専一に、ますますのご健勝をお祈り申し上げます。               茶づくり堀川園 一同 チビ
>> 続きを読む


過去のコラムはこちら

26新茶のご挨拶 (Sat, 22 Mar 2014)
26年新茶のご挨拶 3月吉日  春陽の候、皆様いかがお過ごしでしょうか。また、いつも当園をご利用いただきありがとうございます。  今年も静岡県菊川市の茶畑では、「防霜ファン」という、霜から新芽を守る扇風機が回り始めました。冷え込む深夜、「ボー」というファンの音が聴こえてくると、眠い目をこすり、しっかりファンが動いているか確認しに茶畑へ出かけます。懐中電灯を持って茶畑をウロウロしているので、職務質問をされたという農家もいます。家の向かいの茶畑へ行く時も、ちゃんと免許証は忘れません。  さて、新しい年度を迎えましたが、4月は変化の月です。職場や生活環境の変化、制度が変わったり、今年は消費税が上がったりと、色々な変化があります。  当園も美味しいお茶を届けようと、少しずつ変化しております。当園の変化のご紹介と、お伝えしたい事をまとめてみましたのでご覧ください。
>> 続きを読む

25年暮れのご挨拶 (Sun, 17 Nov 2013)
今年も残すところひと月余りです。 今年も当園をご利用頂きありがとうございました。  当園ではお茶畑の整枝も終わり、成長を止めた茶の木が休眠に入る季節となりました。 ススキや笹など、茶畑まわりの草を刈り、「ふぅ」と腰を下ろすと、西の空に沈む夕日が目に入ります。「日が短くなったなぁ。」とつくづく感じます。  秋の綺麗な空気のおかげで、空の青さと赤白く輝く夕日、そして黒い山や木々とのコントラストは格別です。 急に冷え込む空気と背中を伝わる冷やりとした汗を感じ、いそいそと家路につく・・・心地よい疲労感はありつつも、時間に追われないゆったりした気持ちで仕事ができる晩秋、茶農家の私にとっては贅沢な季節です。  さて、今秋は一気に寒くなり、体調を崩されている方も多いようです。ノロウイルスやインフルエンザの流行も例年より早いと報道されていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
>> 続きを読む

立冬 (Mon, 11 Nov 2013)
草を刈られた山肌は薄茶色へ、そしてお茶の葉は成長を止め、黒いグリーン色に。 暦のうえでは冬。濃いグリーンと薄茶色のコントラストがこの地域の山々の冬の装い。 世界農業遺産に指定された茶草場農法。 刈った草を選別し、良い草だけをカッターで細かく切り、畑の畝間に入れていく。 今まで当然のようにやってきたこと。 これからも続けていくこと。 地域の自然と共存し、良い土を育て良い茶を作ろうと、長年当たり前のようにやってきたことが認められたようで、チョッピリ嬉しくもある。
>> 続きを読む

新茶のご挨拶 (Mon, 01 Apr 2013)
当園の茶畑は冬の低温で茶の根はしっかり休眠し、急な春陽気で例年より早い芽吹きを迎えています。この一年で当園にもいろいろな変化がありました。 農林水産大臣賞 昨年11月に店長の私が私が農林水産大臣賞を頂きました。美味しい茶づくりに確かな審査眼(審査鼻?)は必要不可欠。今後茶工場を任される私にとって、大臣から認めてもらった事は大きな励みになり、商品品質にも一層気を配る良い刺激になりました。 ボイラーの購入 深蒸し茶農家の1番お金を使うところが畑。(それ以上に手間はかけますが…)。今まで当園が取り組んできた事です。最高の茶葉づくりを目指してきました。 そして2番目がボイラーです。良い旨みたっぷりの茶葉ほど水々しく、蒸けにくいのです。そんな蒸けにくい当園のプリプリの水々しい茶葉を、強力な蒸気で蒸すことで『深蒸し』の品質を最高の状態に上げることができます。 今年のお茶はもっとグリーンに。もっと濃厚に。もっと香り高く。 そんなことを目標に4月を迎えています。 『雨』を表現。茶袋のデザインがオリジナルに 100gの平袋がオリジナルデザインになりました。 私の家の縁側から見える、茶畑の山々にしとしと降る雨や急須から湯呑に注がれるお茶一滴の波紋をいイメージしました。 近年は少なくなった『しとしと雨』。雨の農休日、向こうに見える山々を眺めながら、縁側で一服するお茶は最高に贅沢で、私たち農家の心をホッと落ち着かせてくれます。 そんな『雨と心の安らぎ』を表現した茶袋が、今年から皆様のもとへお茶を届けてくれます。 どこのお茶屋にも負けない深蒸し茶を追求するのは当然ですが、お茶を通してそれ以上の何か(和み、風情、四季…など)をお伝えできればなぁ、と思っています。 例年より少し早い茶の生育状況です。4月に入っての寒の戻りや霜が、今私たちの一番の心配事です。 その年の気候は茶の品質に大きく影響しますが、最高の栽培技術、揉む技術、仕上げ技術を目指し、一切加工業者や流通を介さない農家直販で、その年の一番良いお茶をお届けできるように努めてまいります。どうぞよろしくお願いします 。例年通り来次第の発送となります。併せてお願い申し上げます。     堀川園一同
>> 続きを読む

酔っ払いながらでごめんなさい、本心です。 (Fri, 11 Jan 2013)
ちゃやです。 若手生産者の互評会。 理想のお茶は長い道のりの様にも感じ、すぐそこのようにも感じる。 マグマのように溜まった向上心は、更なる目標をめざし、濁流のように突き進む。 表に出さない闘志は、静かなる内に消費者へと還元されるだろう。 我精進! 本物の茶直販農家へ!
>> 続きを読む